セフレの作り方を研究している方はないだろうが、男性が18未満の女性を相手にしてしまうと、いろいろ問題がおきてくる。平成20年に出会い系サイト関連の規制法が改正され、18歳未満の年齢確認の方法が厳密に規程されているのだ。たとえ相手が18歳未満であることをひた隠しにして、あなたと性交渉を結んだとする。しかし、相手の女性が18歳未満であることを暴露した場合は、あなたは児童売春に問われるかもしれないということだ。つまり、いきずりの出会いだとしても、年齢があやふやな女性と関係をもつことは危険だというわけだ。

 

セックスフレンドとの出会いを求めるとしても、正規の出会い系サイトなら、会員になれるのは18歳以上であるから問題はない。そのため、出会い系サイトでは免許証などをコピーすることが義務づけられているが、そこまでユーザーにやってもらっているのは、児童買春を起こしてもらいたくないから。このようなサイトなら全く問題ない。
しかし、出会い系サイトがみんな、年齢確認をしているわけではない。多くは、年齢確認を行ってないサイトだし、なかには性交渉を前提としていないところもある。そんなところにサイト登録するのは、みずから墓穴を掘るようなものだ。

 

先ほど出てきたLINEの非公認掲示板やアプリなどは非常に良い例だが、何の注意もなく、そこに入り込んだとしたら、児童買春のヤマから抜け出せなくなる。とにかく、このようなサービスにハマらないように注意されたい。

 

なお、児童買春は、意外とバレやすく、責任も逃れにくいという特徴がある。同意のもとにはじめた関係だが、その後関係が終わってしまうと、簡単に捕まってしまうのがこの児童買春なのだ。若いセックスフレンドを探せても児童買春をした者に言い訳は効かない。やったら絶対捕まるというのは大げさかもしれないが、バレやすいということは知っておいたほうが良いだろう。