セックスフレンド募集の定番BEST4

 

無料登録でセフレ作り放題

 

ネットでの出会いに関する情報コンテンツを見てみると、セックスフレンドという言葉をよく見かけるようになった。その言葉がどんな使われ方をしているかというと、「セックスフレンド募集」や「セックスフレンドの作り方」といったキーワードが多かったように思う。ただし、そういう言葉を使っているが、その意味は知らないで使っているのかもしれない。「作り方」とは、恋人やガールフレンドというように、肯定的な意味の言葉によく使われるからだ。
セフレとは、否定的な要素が混じった言葉であり、「作り方」という言葉はあまり使わない。したがって、広い意味での「出会い」と言う感じで使われているのかもしれない。

 

ところでセフレというのは、どういう言葉の略かというと「セックスフレンド」ということになる。セックスでつながっている友達というのが本当の意味だ。「ネット上の出会い」も広い意味では「セックスフレンド」と言えるものだろう。

 

出会い系サイトなどでの出会いは、精神的なつながりというより、性のつながりのほうが大きいように思う。そのような思考を完全否定するわけではないが、ネットでの出会いをセックスフレンドだと捉えていくと、なかには危険な要素も混じってくると思う。このサイトでは、セフレを肯定しながらも、危険な要素も明らかにしていこうと思う。また、どのようなサイトがおすすめなのかも、例をあげて紹介してみたい。

 

いま、ネットでの出会いは、セックスだけのつながりを解放しているかに見えるが、そのような関係は、大人にだけ許されたものだといえるだろう。法律ではそのことについて、どのような解釈をしているのかということも解説しているので目を通してみてほしい。